損益構造を変えると改善スピードが早まる

小さな経費節減を重ねる過ぎると、やがて無理がきて圧迫感だけが残ります。

経費側から経営改善を図る場合、三大経費に着目します。

事業の戦略が策定できたあと改めて三大経費を見直した場合、損益構造が大きく変化することも珍しくありません。小さな経費削減も必要ですが、これは誰でもできることであり、最終的にはライバルと横一線となり、差のつく部分ではありません。

また、企業の安心感を表現するためには、事業所や店舗の立地はとても重要です。そのような悩みには、オフィスコンサルタントともご相談いただくことが可能です。立地を損なわないように地代家賃を抑えた事例も珍しくありません。

リスクヘッジコストの見直し

経営状態が悪いにもかかわらず多くの生命保険や各種共済に加入しているケースが少なくありません。節税を根拠に加入をしている場合も多く、財務をひどく痛める原因になっていることもあります。

これは一例ですが、企業の標準保障額を算定し、リスクヘッジのためのコストを見直すことで、財務の改善を目指します。

 

このサービスのコアな部分

三大経費を分析して、損益構造を変えていきます。

企業の標準保障額を算定し、無駄なリスクヘッジコストを削減します。